あそこが小さいことに対するコンプレックスと解消法

私が自身のあそこが小さいことを自覚するきっかけとなったのは高校生の時です。修学旅行先の大浴場で周りの同級生たちに比較され、私のあそこが極端に小さいことで馬鹿にされたからです。それまでは何も気にせずに過ごしてきましたが、修学旅行での出来事以降、コンプレックスとなり、気にしてしまうようになりました。女性に積極的にアプローチできなくなってしまい、何とかしてあそこを大きくしたいという感情が芽生えました。

 

あそこを大きくしようと私が最初に実践してきたことは、毎日あそこを引っ張るトレーニングのことで、刺激を与え大きくする方法です。高校生の考えですので、短絡的な思考であったことは否めません。数年試しましたが、一向に効果は現れませんでした。コンプレックスを抱えたまま社会人になり、懐にも余裕が出始めたころに試してみたのがサプリメントです。

 

半信半疑でしたが、社会人にもなってあそこが小さいというコンプレックスを抱えているのが嫌になり、試してみることにしたのです。亜鉛だけのサプリメントや、様々なサプリメントを試しましたが、一番効果が表れたのはあそこを大きくすることを目的としたサプリメントのベクノールEXでした。少し高額にはなりますが、安いものを延々使っているよりは、効果の出るものを試してみようと思い購入してみました。

 

実際に試してみた結果、私のあそこは見違えるほど大きくなりました。もとが小さかったので、大きくなった時の効果の確認は容易でした。嬉しくなり、その後も継続して飲み続けています。あそこが大きくなることで、コンプレックスを解消し、女性にも積極的にアプローチすることができるようになりました。現在は、結婚を前提でお付き合いさせていただいている彼女もいます。サプリメントのことは秘密にしていますが・・・。

 

精力剤ベクノールEXの摂取のポイントです

精力剤といってもいろいろな呼び方がありますね。

強精剤や強壮剤はたまた性欲増強剤・・どれも精力剤ですが即効性のあるものは少ないように思います。

 

夜のおつとめの前に飲んでもほとんど効果がありません。

 

バイアグラなどと違って精力剤は勃起力を高める直接的なものではなくて勃起するような体調にしていくものです。

 

ですのでいざというときに飲むものではなく、普段からそのような体調になるために摂取するようにしていかなくてはなりません。

 

一般的に精力剤というと各種アミノ酸やビタミンが多く含まれるサプリメントやドリンクを指しますが、よく聞かれるアミノ酸の名前にアルギニンがあります。アルギニンは必須アミノ酸ではありませんが、血流を増加させ免疫力を高める効果があります。

 

アルギニンを摂取すると一酸化窒素の生成が促され一酸化窒素は勃起力を高める効果が期待されるため、一般の精力剤にはアルギニンが含まれるものが多くあります。

 

普段からアルギニンを多く含む食べ物 ゴボウ、ニンジン、にんにくなどの根菜類や海のミルクと言われる牡蠣や高タンパクでビタミンEも豊富なうなぎ、低脂肪で疲労回復の効果があるタウリンを多く含む海老などの海産物、いろんな栄養素をまんべんなく含んでいる玉子や肉類とりわけ低脂肪の鶏肉はおすすめですね。

 

しかしながら普段の生活ではなかなかバランスよく食事を取ることも難しいので、そんなときはドリンクやサプリメントに頼ることも選択肢の一つとして考えられます。

 

ベクノールもこれらの精力剤にご多分に漏れず当てはまります。
基本的には食生活からの改善を求め補助的にサプリメントやドリンクを継続的に摂取するのが理想でしょう。